「銀河のマヤ」ツォルキンでは、38日目、初もの「イカナゴ」をいただく(^^♪

KUーKOです



肌寒いものの、いいお天気になりました。



寒かったり、暖かくなったり・・・・



一転二転しながら、春に向かって行くのでしょうね。



今朝、

「いかなご」炊いたから食べてね~~~と



ご近所のお友達から、炊き立てをいただきました。

今季、初物!!

昨年は、不作ということで、kgあたりのイカナゴのお値段が・・・・

とんでもなく、自分で炊くという事は全く皆無でした。


もう、そんな時期なんですね~~。



神戸に嫁に来て、30年はもうとうに過ぎた!!



米子には、いかなご炊く習慣は無かったので、

神戸に来て、初めて知ることに。

最初は義母に教わりながら、一応嫁らしいこともしながら炊いたもりもしましたが、
ここ最近は、いただくばかりで、4年前くらいから・・・とんと炊いておりません。



兵庫県の郷土料理 いかなごのくぎ煮

その家その家のお味があり、春を感じるタイミングでもあります。



今日は暖かくなりそうです



一日一日、水揚げされる「いかなご」が日ごとに大きくなっていきます。



「私、個人的には、小さいほうが好き」やな(^^♪

って、聞いてないから~~~(^-^;(笑)







自然界のシンクロが季節の変わり目、

周期とともに感じやすい季節でもありますが、



12日前(3月6日)から「青い手」のエネルギーが展開する今を



宇宙のリズムそのものを刻む「銀河のマヤ」ツォルキンを意識して



銀河の波乗り、日々軽快に過ごしていきたいものです。



何に意識を向けていくのか!?



人為的な西暦のカレンダーのリズム12対60から



宇宙のリズム13対20に!!



どの波長に、周波数に意識を合わせていくのか!?



とても大事です!!



ご自身が身を置く環境、状況の中で、銀河の中心領域から発せられている振動、波動を感じてみてくださいね。



本日は
地球時間では
3月17日(土)

新しい時代のカレンダーでは

新銀河時代 1696日
黄色い水晶の種の年 太陽の月11日
新たな銀河スピンが始まり38日目

KIN38「12(水晶)白い鏡-青い手」


銀河の音⑫
・音1が成就する
・集大成の力が働く

白い鏡
・自分自身の進むべき方向性を知る
・過去を振り返ることで現実のヒントがそこにある


青い手
・思い知らされる
・何事か認識する








「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2018」より引用
こちらに載せておりますキーワードはホゼ博士が作り出された
「13の月の暦」を基にしたあすわオリジナル解釈です。
あすわスクール生以外の方の転載やコピーは不可です。

2018年3/6(火)KIN27~2018年3/18(日)KIN39まで
「青い手」のエネルギーが続きます!!
「現代版マヤカレンダー2018」をお持ちの方は、

P65ページのメッセージもご覧下さい(^-^)


ツォルキンは、9次元領域の周波数帯を3次元世界に可視化した高次元エネルギーマトリクス銀河のマヤツォルキンなのです。

古代マヤ暦ではありません。

西暦のカレンダーに向けている意識を変えてみませんか?

もちろん!

高次元エネルギーマトリクス銀河のマヤ ツォルキンに!!













2020年に向けた あすわの取り組み

◆マヤの大長老を再び日本へお招きしようプロジェクト◆









関連サイト

銀河のマヤのブログ

銀河のマヤのホームページ

あすわ事務局ブログ

Facebookのコミュニティ





mail: kumiko0401@gmail.com

TEL:080-3812-5977

KU-KOMAYAホームページ



マヤ鑑定のお問い合わせ・ご予約?メールフォーム





ステキな銀河ライフを


2018年3月17日